紫外線の影響による肌の乾燥

なめらかな白い肌に憧れている女性にとって、しみやしわの原因になる紫外線は難敵です。
紫外線を皮膚に受けると、お肌の不調が発生しやすくなってしまうと言われています。

皮膚に紫外線を受け続けていると、肌本来の保湿力を失ってしまって、
肌が乾燥しやすい状態になります。
肌の表面にある角質層は、外部の刺激から守るためのバリアの役割をしています。
強い紫外線を浴びた肌は、角質層の損傷が起きてしまうために、肌のバリア機能が失われてしまいがちです。

角質は肌の最も表層に位置しています。
人間の肌細胞は、基底層でつくられたものかだんだんと表層に出てくる仕組みです。
太陽光線にさらされた肌は、紫外線の作用でバリア機能が下がっていまいます。

そうなると、皮膚の奥にある水分も奪われがちです。
皮膚細胞が紫外線によってダメージを受けると、
しっかりと肌細胞に育ち切っていない細胞まで角質になるので、
肌がトラブルに弱くなります。

細胞間脂質という、皮膚の細胞同士を結びつけてくれている物質も不足するようになりますので、
皮膚のガード機能はますます下がります。バリア機能が万全でなくなると、
さらに紫外線の影響をまともに受けて、
内部の細胞にまでダメージを及ぼすようになってしまいます。

当初は肌のダメージが大したことがなくても、症状が悪化するにつれて
、皮膚の老化も顕著になってくるでしょう。肌の保湿力が低下し、
乾燥しやすくなると色素沈着なども起きやすくなりますので、
極力紫外線の影響を受けないようにすることがお肌には重要です。
ワキ臭い

 

user9060 / 5月 12, 2016 / スキンケア