ニキビ跡のできる原因は?ニキビ跡の種類と対策

ニキビ跡のできる原因は、生活習慣の悪化が挙げられます。不規則な生活リズムやストレスの蓄積はニキビができる原因になります。ニキビの放置も原因になります。ニキビができたまま放置しておくとニキビ跡ができてしまいます。ニキビ肌は非常にデリケートなので、放置しないで早めに対処する必要があります。

また、間違ったスキンケアも原因になります。たとえば、ニキビを無理に潰そうとしたりすると、ニキビが傷つきニキビ跡になってしまいます。ニキビ跡の種類には、クレーターと赤いニキビ痕があります。クレーターはかなり重症のニキビ跡で、毛穴とその周囲に強い炎症が起こっています。コラーゲン組織が破壊されてくぼんでしまった状態なので、対策としてはコラーゲンの再生を促さないといけません。クレーターを治すには、クリニックでレーザーを当てたり、新しく肌を生まれ変わらせるピーリングをするしかありません。そして日常生活では規則正しい生活を送って、ストレスをためないことです。赤いニキビ痕はニキビが進行して炎症が起こり、赤みが生じているケースなので、対策はビタミンC誘導体配合の化粧品や、ビタミンCのイオン導入がおすすめです。こちらのサイトも是非参考にしてみて下さい。

user208 / 11月 9, 2016 / ニキビ